人事労務のアウトソーシングを通して会社の経営をサポートいたします!社会保険労務士事務所カルテット

平成27年8月に女性活躍推進法(平成28年4月1日施行)が成立しましたが、それに合わせ両立支援等助成金(女性活躍加速化助成金)が平成27年10月14日に新設されました。これは女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」を設定し、この目標の達成に向けた内容の「取組目標」を盛り込んだ「行動計画」を策定、「取組目標」を達成した事業主、また「取組目標」を達成し「数値目標」を達成した事業主に対して助成金が支給されます。支給対象となるのは常時雇用する労働者が300人以下の中小企業事業主になります。

●「行動計画」の策定とは…

まずは以下の点について自社の女性の活躍状況を分析し、課題を見つける必要があります。

  1. 採用者に占める女性の割合
  2. 勤続年数の男女の差
  3. 労働時間の状況
  4. 管理職に占める女性の割合

そして、上記で見つけた課題に対し、解消するための「取組内容」を決め、具体的な「数値目標」を設定する、これをまとめたものが「行動計画」になります。その他行動計画には「計画期間」「取組の実施時期」「長時間労働の改善など働き方の改革に向けた取り組み」などを設け、都道府県労働局(雇用均等室)への届出、労働者への周知、「ポジティブ・アクション応援サイト」へ公表する必要があります。

支給対象となる取組目標や数値目標の例は以下のようなものとなっています(厚生労働省のページより引用)。

支給対象となる数値目標と取組目標の例

 

●助成金の支給額

【加速化Aコース】…「取組目標」を達成した事業主に対し30万円(1事業主1回限り)
【加速化Nコース】…「取組目標」を達成し、更に「数値目標」を達成した事業主に対し30万円(1事業主1回限り)
(Nコースを達成した場合にはAコースと合わせて60万円が支給されます)

●助成金支給までの流れ

 

女性活躍加速化助成金

※クリックすると拡大します。

 その他所定の条件がございます。詳しくは当事務所までお問い合わせください。こちらから。

<一つ前にもどる>