人事労務のアウトソーシングを通して会社の経営をサポートいたします!社会保険労務士事務所カルテット

「処遇改善コース」は、すべてまたは雇用形態別や職種別などの一部の有期契約労働者等の基本給の賃金テーブル等を2%以上増額改定し、昇給させた場合に助成金が支給されます。賃金テーブルとは、基本給を算出する際の基礎となる時間給、日給、月給などを金額ごとに整理した一覧表を言います。

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)

※クリックすると拡大します

 

助成金の支給額

  1. すべての有期契約労働者等の賃金テーブル等を増額改定した場合⇒1人当たり3万円
  2. 一部の賃金テーブル等を増額改定した場合⇒1人当たり1.5万円
    ※1年度1事業所100人までとなっています。

対象となる労働者

賃金テーブル等を増額改定日の前日より3ヵ月以上前から雇用されている有期雇用契約者等で、実際に増額した賃金テーブルの適用を受け、2%以上昇給した者が対象となります。また改定日に雇用保険の被保険者であること、支給申請日において離職していないことも条件となります。

ポイント

 

職務評価の手法の活用

職務評価の手法の活用で処遇改善を実施した場合には、1事業所あたり15万円が上乗せされます。職務評価とは、業務内容・責任の程度などの「職務の大きさ」を相対的に比較し、その職務に従事する労働者の待遇が職務の大きさに応じたものとなっているかの現状を把握することです。評価の手法として「単純比較法」「分類法」「要素比較法」「要素別点数法」などがあります。

一つ前にもどる