人事労務のアウトソーシングを通して会社の経営をサポートいたします!社会保険労務士事務所カルテット

当初契約社員として雇ったが業務拡大のために正社員として登用したい、勤務態度や成績が優秀なので正社員として登用したい、そんなときに利用できるのが「正規雇用等転換コース」です。このページでは当コースのイメージがつかめるよう簡単にご説明にいたします。

キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)

※クリックすると拡大します

上記は有期雇用契約から正社員へ転換する例ですが、他にもパートタイム労働者を正社員に登用する場合、派遣社員を自社で直接雇用する場合などに活用できる助成金です。また有期雇用契約から無期雇用契約への転換コースもあります。

●助成金支給額

  1. 有期雇用契約⇒正規雇用契約:1人当たり40万円平成28年3月31日までは50万
  2. 有期雇用契約⇒無期雇用契約:1人当たり15万円同上:20万円
  3. 無期雇用契約⇒正規雇用契約:1人当たり25万円同上:30万円

※①~③合わせて1事業所1年度あたり15人まで(②を実施する場合は10人まで)
※その他母子家庭の母、父子家庭の父等を転換した場合には助成額が加算されます。

●対象労働者の条件

雇用される期間が6ヵ月以上の有期契約労働者、無期契約労働者、派遣労働者等で、正規雇用労働者として雇用することを前提として雇い入れていない者が対象となります。また支給申請日において離職していないことも条件となります。

ポイント

就業規則等の変更・見直しを…

就業規則等に、対象となる従業員や転換に際しての条件、転換の実施時期などを明示しなくてはなりません。また正社員登用後(正規雇用転換後)の雇用条件を、雇用契約書のほかに就業規則で確認をしますので、場合によっては見直しも必要です。

就業規則・雇用契約書の作成等についてはこちら

ポイント

個人事業主も対象

正社員登用後(正規雇用転換後)もしくは無期雇用契約転換後はその従業員につき、雇用保険・社会保険の加入が必須となりますが、社会保険適用の義務のない個人事業主の場合でも雇用保険の適用のみで助成金の支給対象となります。

一つ前にもどる