人事労務のアウトソーシングを通して会社の経営をサポートいたします!社会保険労務士事務所カルテット

有期契約労働者等の能力向上のため、OJTやOff-JTを行った場合に助成されます。OJT、とは職場において指導者の指導の下、実務を通じて実践的な技能や知識を習得する職業訓練、Off-JTとは、職場内、もしくは職場外で、通常の実務とは区別して行われる職業訓練を言います。
なお職業訓練は以下の4つに分類されています。

①一般職業訓練(Off-JT)
②有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練)
※正社員としての経験が少ない非正規雇用労働者を対象に、能力向上をはかり正規雇用への転換を目指すものであること
③中長期的キャリア形成訓練(Off-JT)
※電気工事士、美容師、建築士、介護福祉士など厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練
④育児休業中訓練(Off-JT)
※育児休業期間中に行う職業訓練

●助成金支給額

【Off-JTの支給分】
(事業内訓練:外部講師の謝金代や会議室などの施設・設備借上料など)
(事業外訓練:受講に際して必要となる入学料や受講料、教科書代など)

賃金助成 … 1人1時間当たり 800円
経費助成 … 1人当たり Off-JTの訓練時間数に応じた額

①一般職業訓練②有期実習型訓練④育児休業中訓練
100時間未満       10万円
100時間以上200時間未満 20万円
200時間以上       30万円

③中長期的キャリア形成訓練
100時間未満       15万円
100時間以上200時間未満 30万円
200時間以上       50万円

【OJTの支給分】
賃金等助成 … 1人1時間当たり 800円

人材育成コースの助成額表

●助成金支給申請までの流れ

上記①~④の訓練により各訓練期間は違ってきますが、おおよその流れは下図のようになります。なお、②有期実習型訓練の場合は、キャリア・コンサルタントによるコンサルティングを受け、「ジョブ・カード」の交付を受ける必要があります。これはハローワークやジョブ・カードセンター等でも実施しております。

人材育成コースの流れ

 

一つ前にもどる