人事労務のアウトソーシングを通して会社の経営をサポートいたします!社会保険労務士事務所カルテット

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正規雇用への転換、人材育成、処遇改善などの取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。

全部で以下6つのコースがあります。

1.正規雇用等転換コース

当初契約社員として雇ったが業務拡大のために正社員として登用したい、勤務態度や成績が優秀なので正社員として登用し...

2.多様な正社員コース

多様な正社員制度の導入を促進し、限定正社員のキャリアアップや労働能力向上・事業の生産性向上を図ることを目的とし...

3.人材育成コース

有期契約労働者等の能力向上のため、OJTやOff-JTを行った場合に助成されます。OJT、とは職場において指導...

4.処遇改善コース

「処遇改善コース」は、すべてまたは雇用形態別や職種別などの一部の有期契約労働者等の基本給の賃金テーブル等を2%...

5.健康管理コース

常時使用する従業員を雇い入れた場合には健康診断をしなければなりません。これは労働安全衛生法にその根拠があります...

6.短時間労働者の週所定労働時間延長コース

週所定労働時間が25時間未満の有期契約労働者等を、週所定労働時間30時間以上に延長した場合に助成金が支給されま...

【各コースの共通事項】

  1. キャリアアップ計画書の作成・提出
    有期契約労働者等のキャリアアップに取り組む「キャリアアップ管理者」を制定したうえで、「キャリアアップ計画書」を作成、管轄労働局へ提出します。キャリアアップ計画書には計画の期間や期間中に講ずる措置(上記6つのコースの選択)、対象者、目標、目標を達成するために講ずる措置、計画全体の流れを記載します。またキャリアアップ管理者には、キャリアアップに取り組むものとしての必要な知識や経験を有していると認められる者、事業主や会社の役員がなることができます。
  2. 就業規則の整備・見直し
    各コースに応じて就業規則の整備が必要な場合がございます。

助成金一覧に戻る